読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リバ厨腐女子ママの考えたこと。

腐女子、創作、セクシュアリティ。

面倒くさい腐女子は何故『プラトニックラブ』を推すのか?

 

花璃です。

前回のエントリーで、わたしは『腐萌え』と『(腐)エロ妄想』の違いについてわたしなりの見解をご説明しました。

fujoshimama.hateblo.jp

『腐萌え』

は端的に言えばホモに萌えること。

『(腐)エロ妄想』

は(ホモを含めた)エロを妄想することです。

『腐』に()を付けた理由については、後述します。と前回は書きましたが、実は、特にはっきりとした理由が説明できるわけではないのです。しかし、ここで重要なことが一件あります。

「純粋な(腐っているくせに純粋とは何事か?というツッコミはご尤もです。)腐女子『ホモにしか』萌えない」

ということです。

「どうして『ホモにしか』萌えないのか?」

というご質問もあるでしょう。

「わたし(俺)腐女子だけど、ホモにも萌えるけどNLも百合もにょたも萌えるけど?なんか文句あっか?」

という議論も勃発するかもしれません。

 

では言い方を変えましょう。

まずわたしがご提案したいのは、

「『ホモに萌える女』を『腐女子』とひとまとめにすることに、限界が来ているのではないか」

という事実を見つめることです。

このBlogに来て、

「何言ってんだ?このBBA? pgr」

と思っていらっしゃる方。ようこそいらっしゃいました。

わざわざ貴重なお時間を割いてくださって、ありがとうございます。

そうです。あなたの思う通り、わたしとあなたは同じ腐女子でも種類が違うと思うのです。

同意して頂けますよね?

 

この世の中にはわたしのような面倒くさい腐女子(女子というほどの年齢でもないですが)がおり、ホモに夢を見ています。

わたしの中には夢見る腐女子とエロ妄想が日々せめぎあっています。

大抵エロ妄想が勝ちますが、ある時突然、わたしのなかのホモ至上主義が、

「この二人はエロがなくても、否、エロがないからこそ尊い!」

とかいう訳の分からないことを言い出して困ります。

ある程度分別のある腐女子が(わたしの場合、分別があるかどうか微妙なラインですが)

「尊い!」

とかなんとか言い出したら、ある種の発作が起こり出したと思ってよろしい。

これは単に

「エロ妄想が振り切って限界を超えた」

という意味だと思われます。

おそらく、

「そのCPについて妄想しすぎて、エロ妄想の彼方にあるプラトニックの地平に到達してしまった」

という意味です。

 

わたしは腐友達0の死ぬほど面倒くさい腐女子なので、非常に妄想が捗り、よくその地平に降り立ちます。

そして、エロの鶏頭なのですぐにその地平を忘れ、再びエロ妄想に耽ります。

 

単体萌えの腐女子(と呼んでいいものかどうか)の方のなかには、

『CPなし脳』と『単体エロ脳』

を使い分けてプラトニックとエロを行ったり来たりされる方もいらっしゃるようです。 

この辺に『単体萌え』の秘密もあるのかもしれません。

 

ここで皆さんにお伝えしたいことは、ここで面倒くさい腐女子が到達する

『プラトニックラブの地平』

というのは、正に、

「本来的な意味のプラトニックラブである」

ということです。

 

《プラトニックとは「プラトン的な」という意味で、古代ギリシアの哲学者プラトンの名が冠されているが、プラトン自身が純潔を説いた訳ではない。

プラトンの時代にはパイデラスティアー(paiderastia、少年愛)が一般的に見られ、プラトン自身も男色者として終生「純潔」というわけではなかった。プラトンは『饗宴』の中で、男色者として肉体(外見)に惹かれる愛よりも精神に惹かれる愛の方が優れており、更に優れているのは、特定の1人を愛すること(囚われた愛)よりも、美のイデアを愛することであると説いた。(Wikipediaプラトニック・ラブ - Wikipediaより)》

 

つまり、面倒くさい腐女子は、面倒くさい腐萌え妄想をひと通り捗らせた結果、特定CPの向こう側にある

「『イデア』まで到達した」

のだ、と。

「尊い!」のは目の前のCPじゃなくてイデアなんです!!!!

 

やばい。わたし、哲学者になれるかも???

 

花璃でした。

 

 

*文中で男同士の恋愛関係・及び肉体関係を『ホモ』としてあるのは差別用語だということは分かった上で、その時の心情を表現する為に敢えてこの言葉を使わせて頂いております。 ご気分を害された方がおられましたら申し訳ありません。