読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リバ厨腐女子ママの考えたこと。

腐女子、創作、セクシュアリティ。

わたしの愛した男装コスプレイヤー

 
花璃です。
最近、コスプレについて新たな発見があったのでそのことを書きます。
 
わたしが独身キャリア時代に二次創作サイトを運営していた頃のこと。
わたしの作品を気に入ってお手紙をくださった方がいらっしゃいました。
メールにA4コピー用紙で2、3枚分くらい、(わたしはA×B×Aというカップリングだったのですが)彼女はわたしの書くA×Bが好きだと熱く語ってくださいました。
ありがたいことです。
わたしはA×B×A、彼女はA×Bでしたが、二人ともBが好きでした。
感想なんて頂くのはそれが初めてのことでしたし、大人になってから腐落ちしたので知り合いもいず、平日の夜はサイト巡り、休みの日に少しばかり駄文を書き散らして、PCの前で孤独に腐っていたわたしには、女神のように思えました。
 
何回かメールのやり取りをしました。
ちょうど、彼氏と同棲することになり、腐女子をカミングアウトするかどうかで悩んでいた時期でもあったので、相談にも乗って頂きました。
とても親切な良い方でした。
そして、彼女は東京の方でしたので、東京に行く用事があった際にお会いすることになりました。
溌剌としてすらりとした女性でした。
彼女は、小学生時代からやおいに親しんだ筋金入(男臭いホモがお好みである以外には、至ってノーマルな趣向の方です)の腐女子で二次創作漫画を描く同人作家であるだけでなく、コスプレイヤーだということでした。
コスプレに詳しくないわたしは、最初彼女が熱っぽく語るコスプレの話がよく分かりませんでしたが、平たく言うと、
男装コスプレイヤーだったんです。
わたしは喰い付きました。
性的倒錯の匂いがしたからです。
わたしは女子校だったので、同じクラスには宝塚が大好きで親子で通っているような子もいました。
けれども、わたし自身は、女の子に恋をしたことはありましたが、宝塚には全然興味がありませんでした。
わたしは、男らしい女、女らしい男よりは男らしい男、女らしい女を良しとする嗜好の持ち主であるようです。
封建的であると言われればその通りでしょう。
けれども、彼女の男装の話にはとても興味を持ちました。
 
わたしはコスプレはしませんが、服オタです。
普段から必要以上に女らしい格好をしている、女装しているという自覚があります。
もし、コスプレをするとしても、絶対に男性のコスプレはしないでしょう。
わたしは、
「女の格好をする」
「女として受け入れられる」
ことに執着があるのだと思います。
わたしと同じCP(というかわたしの作品)が好きだという方が、自分と正反対の志向を持っていることがとても不思議でなりませんでした。
 
 
その後、彼氏と一緒にいるときにコスプレイベントがあっているところを通り掛ったことがあり、中に入ってみました。そして、一つのブースの中で、男装のコスプレイヤーさん♀と女装のコスプレイヤーさん♀が濃密なスキンシップを取って写真撮影しているのを目撃しました。
咄嗟に、そのコスプレイヤーさん二人を脳内で彼女と自分に置き換えて妄想しました。(注:彼氏とデート中)
それから、彼女はどうして男装のコスプレをするのだろうと考えました。さっぱり分かりませんでした。
 
次にお会いしたとき、彼女はイベント(同人誌の即売会)で、A×B(わたしと彼女の好きなCP)のBのコスプレをしていました。
初めて彼女が男装しているのを見ましたが、とても格好良くて、物腰も、普段の彼女とは違いました。
そうですね、Bになりきっているというのか、普段よりも堂々と振舞われていたように思います。
 
彼女にはその後も何度か会いました。
はっきり言いますと、彼女が気に入ったというか、好きだったからです。
とても楽しかったですし、お会いする前も、お会いした後も、とてもドキドキしました。
けれども、Bのコスプレをしているのを見たときほど彼女にときめいたことは、その後一度もありませんでした。
 
彼女に会う度に、考えました。
腐女子は好きなキャラが受になることが多いと教えてくださったのは彼女でした。
わたしは逆で、好きなキャラは基本的に左側になります(なのでB>AだけどAもBも好きなA×B×A)。
A×BのBが好きな彼女を、わたしはかなり男性的な嗜好の持ち主(攻目線で受を見ている)だと思っていたのですが、コスプレしている彼女はBそのもののように振舞っていましたし、寧ろ受目線なのか……
わたしが書き手としてA×B×Aを書くときはかなり第三者的な見方でしか見ないので、そもそもわたしはA×B×A、彼女はA×Bで、同じわたしの作品を見ていてもお互いの見方が違うことは薄々感じていましたが、少しも彼女のことが理解できませんでした。
 
そして、腐の世界に出戻った今、女子校時代の同級生(既婚・非腐女子・アニメコスプレ経験はなし)に彼女のことを話す機会があり、どう思うか訊いてみました。
 
わたし「昔知ってたコスプレイヤーさんが、男装コスプレなんだけど自分の好きな受キャラのコスプレをしてたんだよね。『好きなキャラが受になって自分は男装コスプレする』って、割とエロへの視線が男性的なのかなって思うんだけど、自分が脳内でアンアン言わせてる受キャラのコスプレするって二重に倒錯してるっていうか、アンアン言わせたいのか言いたいのか未だによく分からないんだけど、どういうことなんだろう?」
 
友人「それって、いわゆる普通の意味のコスプレに近いんじゃない?普段の自分のままではあんまりアンアン言えないけど、コスプレして自分と別のものになれば、思いっきりアンアン言えるっていうか、そんな感じじゃない?きっとその人、花璃が思うより、ずっと普通の子なんだよ」
 
わたし「え??そうなの???」
 
わたしはとてもがっかりしました。
数年越しですが、軽く失恋した気分になりました。
贔屓の男役が男性と熱愛スキャンダルを撮られたときの宝塚ファンの気持ちというのはこんなものなのかも知れないなと、考えてみたりします。
確かに普段の彼女はひねくれたところのないすごく普通の女性だとも感じていたので、友人の言葉には納得せざるを得ないといった感じです。
未だに腑に落ちているわけではないのですが。

花璃でした。