リバ厨腐女子ママの考えたこと。

腐女子、創作、セクシュアリティ。

性欲で創作する腐女子。

 
花璃です。
今日は性欲と二次創作について書きます。
 
性欲で創作するってどういうこと?
 
という声が聞こえてきますが、二次創作は性質として、性欲で創作するのに適した場所だと思っています。
 
キャラの設定を考えなくて良い。
エロのみでもある程度の読み手を確保出来る。
二次元はイケメンパラダイス!
 
まさに、ホモエロを描いて・書いて性欲発散するには最適な場所だと思います。
 
はっきり言います。
 
わたしは性欲で創作する腐女子が嫌いなわけじゃないです。
 
性欲を研ぎ澄ませ、磨き上げて、脳内麻薬が滴り落ちるほど、受ちゃんを、最愛CPを、愛し抜くのは純粋に、
 
凄いなぁ。
 
と思う。
 
そんな濃厚なエロの詰まった薄い本は、現代的な女流創作の最終形態でしょう。
 
性欲のみでどれほどの本が書けるか、というとそれはまた別問題です。
 
性欲で描くタイプの作家さんは本は薄い傾向があると思います。性欲が続かないのでしょう。
 
 
二次創作にいると創作が創作として機能していない場合が散見されます。
 
創作で性欲を満たすのはオナニーですが、
 
創作
 
というのはある程度作品を俯瞰して行わなければならない本来ならば苦しい作業です。
 
その『俯瞰』が出来ていない場合が多々あると思うのです。
 
自分の性欲を満たして終わるだけでなく、読者の性欲のことまで配慮して、
 
オカズ
 
として提供する。なんて尊いのでしょう♡
 
ザーメン拭き取った後のティッシュ
 
みたいなのは創作とは呼びません。
 
せめて、ザーメンに塗れた受ちゃん or 推しCPの崇高な姿を見せてください。
 
その為に努力するのはオナニーではない。と思う。
 
「努力www
同人なんて楽しくないと意味なくない?
BBA乙www」
 
って方は、創作の醍醐味がまだ分かっていないのかも?
 
わたしは巧くなりたいし、巧くなりたい人が好きです。
 
花璃でした。