読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リバ厨腐女子ママの考えたこと。

腐女子、創作、セクシュアリティ。

相互は齟齬の始まり?リバ厨腐女子の場合。

リバ厨腐女子とは何か? 腐女子ママ地雷を語る

 

作品を見てフォロー申請してくださった相互フォロワーの方ほぼ全員にブロックした/されてます。

花璃です。

 

先日、下のようなRTが回ってきました。

 

 

 

わたしはオンラインでしか作品を発表していないので、同ジャンルの知り合いがいません。

「感想欲しいなぁ」

とすごく思っていた時期がありました。

今でもWeb拍手とか貰うと嬉しいです。ありがとうございます。

 

でも、今

「感想欲しいですか」

と言われると、正直すごく気が重いです。

嬉しくないことはないんですが、感想をもらった後のこと考えると

Web拍手くらいでいいかな」

って思っちゃう。

 

以下、長くなるので畳みます。

 

 

この辺は各々の作風によるのかもしれませんが、わたしの場合、すごく熱心に感想をくださる方というのは、わたしの創作にすごく思い入れが深くて(これ自体はとっても嬉しいことです)、多少なりとわたしの創作を

「自分の思い通りにしたい」

と思われているところがあるなぁって感じることがあります。

*勿論、わたしはオンライン一筋の一介の主腐なのでそんなに頻繁に感想を頂くわけではありません*

 

わたしはリバなのでよくあるのは、

BAよりもABが見たい。

とか

BAじゃなくてABで見たい。

とか。

(不思議なことに、ほとんどの場合、B受(B受雑食含む)の方からそう言われる。)

 

カプに絡まないものでも色々あります。

 

「この点は好みじゃないので変えて欲しい」

という感想を頂き、

「ご感想ありがとうございます。わたしの好みはこうなので変えませんが、参考にさせて頂きます」

と返信したら逆ギレされたこともあります。

 

ここら辺は、作り手側の個人的な資質の問題もあると思う。

わたしは返信にも時間がかかっちゃってしんどいし、(仮にも自分の作品に思い入れを持ってくださっている方を)適当に流したりばっさり切ったりなかなか出来ないのですっごく気が重いです。

正直、そういう返信とかでいらない気を遣うと創作の気力と時間がなくなる。。

その上で、一人暮らしの方に

「早く書いてください!」

とか言われると、読みたいと思ってくださるのは嬉しいけれども、皆が同じように時間を使えるわけじゃないのに無理なこと言わないで欲しいと思ってキレそうになります。

 

(作者のワガママが許せないほど)熱心な読み手さんが付くって、ありがたいことだし創作者冥利に尽きるんだけど、だからこそ振りきれなくて難しい。

 

もう、

わたしのことは嫌いになっていいから、作品だけ読んで!

って気分。

わたしのことは嫌いでも、AKBは嫌いにならないでください!

って有名な台詞ですが、すっごい分かる。分かるよ。あっちゃん!

よく言った!

そういうわたし自身は、作品が無理だから本人も受け入れられなくなるってパターンが多いですが。

やっぱり人に好かれる人にならないと作品も浮かばれないのかなぁ(溜息)。

 

わたしの創作が好きな方は、わたしのことを好きなわけじゃないってこと。

が、骨身にしみる今日この頃。

 

ある創作が好きであることと、その作者を好きであることは別だということ。

 

その簡単なことがあまり認識されていない気がしています。

実際、リアルの女友達(腐女子ではない)も

「花璃が書いたものならなんでも読む」

と言ってくれているので、作者が好きだから作品を読むってことは割と自然なんだと思います。

サイトからSNSになって、作者が好き(あるいは知人)だから作品を〜という傾向が、加速されている気がしています。

サイトだと初めに作品に触れてからブログ見たりだけど、SNS(特にTwitter)だとまず人ありきで作品を知るってことも多いのかなと。

 

Pixivは作品だけで自分を表現出来るので割といいと思います。

ただ、交流してないと義理ブクマが付かないので激しく埋もれますよね。

交流してない所為で作品が埋もれるなんて、

母親がコミュ障な所為で子どもが不利益を被らないか心配する母親の心境。

でも、作品(子ども)の足手まといになるようなパーソナリティーの作り手(母親)もいますからね!

自分がそうじゃないとは言い切れないので交流はしないことにしています。

(ママ友交流は情報収集の要なのでほどほどに頑張ってます♡)

 

作風が好きだとか作品が好きだとか言ってもらえるのはすっごく嬉しいけど、作者であるわたしは結構なkzなので人間性には期待しないで欲しい。

 

作品は純愛だけど、iPhoneの中は普通に三次元の裸の男の絡み(と子どもの写真)でいっぱい♡

愛読書はVERYと読売小町(主婦向け掲示板)。

本棚のシュタイナー教育関係の蔵書の裏にA5のエロ同人隠してるような女です。

 

「こんな人だと思わなかった!」

って言われるほど作品を気に入ってくださったんだってことはとってもありがたいし嬉しいですよ。念の為。早く書いて。とかも無理って思っても嬉しくないわけではない。

ただ、時間と気力と体力に限度があるので、その気持ちには真っ向からは応えられない。

「はい、精進します」(結果は保証しません)

としか言えません。

 

作品に関しては、いいものを書きたいなって思いますよ。

常に精進したいし、そこそこしてるつもり。

だけど、その精進の結果が『彼らの欲しいもの』になる保証はできない。

だってこれは『わたしの創作』だから。

 

今後新たに気をつける点としては、作品を気に入ってくれたってことで、割と何事もオープンに(エロとか地雷とかプライベートとか)言っていたけれど、もう少しオブラートで包み隠していこうと思ってます。 

具体的には、

  • Tweetする暇があったらBlogを書く。(情報の取捨選択)
  • BlogにするほどのことではないならTweetしない。(誰もわたし自身には興味はない)
  • 誰かに見せたいのならなるべく作品にする。(作品は最大のプロパガンダである)

こんなものかな。

 

感想頂くことそのものは嬉しいですし、感想くださる方は今でもありがたいと思ってますよ?

ただ、わたしの場合、作品が好きですって言って近づいてくる人は、

「こんな人だと思わなかった」

って言って離れていく人というケースが多い(わたしはどんな欠陥人間だよ泣)。

こういうトラウマがある人間もいるってことはあまり知られていない。

 

相互フォロワーが少ない方は、幻滅される機会も少ないから喜んで良いんじゃない?って思います。

それでも幻滅されて、そして誰もいなくなったなリバ厨腐女子ママ……。

 

幻滅させたいわけじゃなくて普通にしてるだけなのに、相手の理想に合わないとかで断罪されるのは、割に合いません( ;  ; )

相互は齟齬の始まり。

花璃さんのことも好きで作品も好きですって言われる方が良いんだろうけど、所詮、ネットの中でのことですからね。

知らない人に好きって言われるのもなんか違うかなって思うんです。

『好き』って思ってくれてるってこと自体は嬉しいけど、それは『彼女の考えるわたし』についてであって『実際のわたし』を好きなわけじゃないっていうか。

そりゃ、幻滅までカウントダウン待ったなしでしょ。

 

幸いにも、幻滅→断罪までされる方は今まで一人だけでしたが、十分イヤな思いをしました。

 

わたしは実生活で同人関係の方と関わるつもりはないし、お出かけとかランチとかはリアルの友達や家族としたい。

(買い専ジャンルの聖地巡礼とか、旦那が付いてきてくれない場合は独りでしてました)

 

わたしの場合、同人は交流が目的ではなく、創作したいって気持ちがメインです。

良い文章が書けたら気持ち良いし、自分が書いたものがやっぱり一番萌えると思ってるから書いてます。

同じように、趣味が創作で同人をやっているけれど、交流はしなくていいって方もいると思う。

今までの人生、(本当はめちゃめちゃワガママな自分を抑えて)周りの思い通りにして、親受け、クライアント受け、オヤジ受け、ママ友受けを至上命題として生きてきたんだから、

せめて創作くらい好きにさせてよ!

という現実逃避要素が強い。

 

(完全な趣味の世界でさえ)言いたいことも言えないこんな世の中じゃ……

って泣きたくなるけど創作自体は好きなので、これからも適当に生きていきます。

 

花璃。