リバ厨腐女子ママの考えたこと。

腐女子、創作、セクシュアリティ。

リバ厨腐女子、リバップルのパトロンヌになる。③(遂にパトロンヌに♡編)

花璃です。

推しのX/Y(年上美人受けXちゃんと年下わんこ攻めYくんのリバップル)萌えを語るわたし得シリーズの続きです。

15歳で最初の彼女(!当時は女子校でした)が出来たときに、特別教室で彼女と二人きりでお弁当を食べながら語ったわたしの夢は、

「大人になったらGayのカップルと一緒に住んで養いたい」

でした。(当時の彼女は「カッコイイ♡応援するよ♡」と言ってくれていました。)

そんなわたしの夢をぷち叶えてくれたのがX/Y;;

感謝感謝で取り敢えず経緯を書きます。

 

以下、ナマ注意。

18歳以上の話の分かる腐女子の方だけでお願いします♡

 

 

 X/Yについてのキャラ紹介は↓このエントリー、

fujoshimama.hateblo.jp

Xちゃんの性別が行方不明な萌えっぷり紹介は↓のエントリーをどうぞ♡

fujoshimama.hateblo.jp

 

ことの始まりは、わたしの推しのXちゃんからメッセージをもらったことでした。

わたしは元々Xちゃんが大好きで、何かにつけてラブコールを送ったり、

「Yくんと楽しんでね♡」

というメッセージ付きで潤滑剤を贈ったり(!)していました。

仕事に関することなので詳細は書けないのですが、メッセージの内容をものすごくまとめると、

「Yが会社を辞めた」

というもの。Yくんが無職になったという点では

「あちゃ〜〜」

と思いますが、わたしは前々からYくんの会社の彼への扱いがあまり良いと思っていなかったので、

「あの会社にずっといるより良いんじゃない?」

と返事をしました。

「俺もそう思う」

とXちゃん。曰く、

「俺のコネで今あいつの仕事探してるところ」

とのこと。なんたる内助の功;;ここに来てXちゃんのだめんずうぉ〜か〜ぶりが光ります。

「さすがXちゃん;;頑張って♡良い仕事見つかると良いね♡」

元々Xちゃん贔屓なわたしは、

「わたしも、何か出来ることがあったら手伝いたい><」

と申し出ました。そこでXちゃん。

Mr.X「俺たちの自家製セックスビデオを買う気ない?」

花璃「Oh, Yes, Darling !!!!」

というわけで、無職になったYくんの経済支援(?)と退職祝い(わたしは彼の前の会社嫌いだったので←)を兼ねてお二人のおセッセ動画を買ったのでした♡

わたしが買った動画に関してはわたし限定配信(流出させた人が分かるように都度撮りするらしい)で、大体2万くらいです。

 

Gayカップルのパトロンヌになりたいという夢がこんな形で叶うとは!!!

人生って捨てたもんじゃないね;;

 

花璃。