読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リバ厨腐女子ママの考えたこと。

腐女子、創作、セクシュアリティ。

腐女子ママのアメリカ大統領選ヲチ①(ホワイトハウスの魔女:ヒラリー・クリントン編)

  

花璃です。

アメリカ合衆国大統領選挙の結果がようやく出ましたね。

日頃から香ばしいツイ腐ェミの皆さん(押し並べて固定厨・特に受け攻めCP固定厨が多いwww)の発狂が面白くてたまりません♡

fujoshimama.hateblo.jp

↑このエントリーで書いた通り、隠れトランプはたくさんいるとは思っていたのですが、思った以上でしたね♡

PC(ポリティカル・コレクトネス)キチガイばかりだと思っていたアメリカにもまともな感覚の人間がたくさんいて良かったです♡

 

以下は、ヒラリー・クリントンさんについてわたしが考えてることです。

 

 

まずは、いいと思うところから。

 

*ヒラリーの「尊敬できる」と思うところ。

①努力家

②(69歳という年齢を考えれば充分)綺麗にしている

③亭主を養っている

*ヒラリーがホワイトハウスに居たからクリントン財団への献金や彼への講演依頼が来ていた面は大きいと思います。

 

 

*ヒラリーの「これはあかんわ」と思うところ。

 

①「わたしは家でクッキーを焼いたりしない」と盛大に専業主婦をdisっておきながら、「わたしは女性の代表♡」という振る舞い。

わたしの周り……というか、わたしの友だちやママ友は

「綺麗でおしゃれで仕事もしてて家でクッキーも焼く♡」

という思想の子が多いので過去のこととはいえ、主婦disは致命的だったと思います。

女性票が

「クッキーを焼かない」女性

に限定されてしまいましたよね。(独女・喪女・学生・家事嫌いな鬼女など)

大好きな家族の為にクッキーやケーキを焼くのは楽しいのに。。

子どもと一緒に焼くのも楽しいし。

 

一部で絶賛されていた敗戦後のspeechもわたしには全然響かなくて、この人はアメリカという国をどうこうしたいというヴィジョンはまるでなくて、

『女性初の大統領になる』

っていう夢の実現(自己実現)が全てだったんだなぁと思いました。

www.nytimes.com

国を自己実現の道具にしないでください;;

 

 

②実業家トランプ氏の十年以上前のセックス・スキャンダル を掘り出してそればかり攻撃し、政策的な展望は多くを語らず。

現役政治家なのに演説会を聴きに来てる人間はトランプの悪口が聴きたいわけじゃないってどうして分からなかったの。。

旦那さんはアメリカ版石田純一(不倫の象徴という意味で)とも呼ばれるビル・クリントン氏。

大統領時代にホワイトハウスの執務室で淫行に及び、それを謝罪する際に彼が使った

inappropriate relationship=『不適切な関係』

という言葉は、アメリカ版

『不倫は文化』

としてしばしばネタにされている。(気がする)

幼女をレイプした疑いで訴えられたり乱交パーティーに出入りしたりの噂が絶えず、異常性癖がありそう。家族大好きで夫婦円満なトランプ 氏を糾弾するよりも、旦那さんをセックス・セラピストに連れて行った方がいいと思います。

 

クリントン財団への政治献金で娘の結婚式費用を捻出。

アメリカのことはよく分からないんですけど、汚職汚職騒がれる原因の一つがこれだと思ってます。

クリントンの娘さんはチェルシーさんというのですが、彼女もクリントン財団の職員らしいです。

全体的に公私混同です。

 

④マイノリティーに対する彼女の見解

ポリティカル・コレクトネス以上の何物でもないと思う。

実際、同性婚にも反対していたわけだし。(後に撤回)

 

⑤えげつないマスコミ操作

Fox News以外のほぼ全ての全国ネットのテレビ局・新聞を買収しまくって対立候補ネガキャンをしまくった。

Polls(世論調査)も操作(これは、新聞社・テレビ局が自主的にしたのかもしれない)。

自分や旦那のスキャンダルはお金を積んでもみ消し、トランプの女性関係をお金で掘り起こす。

お金の出所は、サウジアラビアウォール街からの政治献金

サウジアラビアの狙いは多分、IS紛争の維持・泥沼化。

 

 

彼女が負けたのは女性だからじゃなくてヒラリー・クリントンという人間の器が大統領の器じゃないと見抜かれたからじゃないのかな?

と思います。

 

同じ女性でも、ミシェル・オバマだったら多分なんの問題もなかった、気がします。

彼女はコミュ強だからね。

好感度の違いつら;;

 

夢の為に努力することは美しいけれど、人をdisるのは良くなかったですね。

(バックグラウンドが真っ黒すぎるのも……)

わたしたちVERY世代の(スイーツ())ワーママはヒラリー含め、古えのフェミニストたちの死に物狂いの(ときには醜い)努力の礎の上に生きているので、やはりその努力と功績には感謝しないといけないと思います。

8年間、そして長い選挙戦、お疲れさまでした♡

ゆっくり休んで家でクッキーでも焼いてください♡

 

花璃。