読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リバ厨腐女子ママの考えたこと。

腐女子、創作、セクシュアリティ。

地雷持ち腐女子から見たマイク・ペンス法。

花璃です。

みんなのDILFこと、マイク・ペンスのお話の続きです。

fujoshimama.hateblo.jp

↑この冒頭でも紹介しましたが、 お金を払って(しかも、娘たちを連れて)ミュージカルを観に行ったのにキャストに壇上から、

「出て行け」

と言われてしまったペンスさん。 そのことについて言及されていますのでご紹介します。

www.youtube.com

「娘とその従姉妹たちを連れて行ったんだけど、とってもいいショーだったよ」

「キャストがわたしたちに言及したとき、ブーイングも沢山されたけれど、励ましの声もあった。ブーイングと励ましの声を浴びながら、娘に言ったんだ。『自由っていうのはこんな音がするんだよ』ってね」

Charlotte, that's what FREEDOM sounds like.

これぞ、DILFポエム♡

 

  

「表現の方法は正しくないかもしれないけれど、応援していた候補が落選した人は未だ落胆しているだろう。わたしも何度か自分自身の選挙に落選したことがあるから理解出来る。けれども、トランプ次期大統領は良い大統領になるから安心して良いよと伝えたい」

とも言われていますね。さすが、宣伝を怠らない。

彼は選挙に落ちた後、知名度を上げる為(?)地元のラジオのパーソナリティーをされていたそうです。

声もしゃべり方も落ち着いていて、卒がないです。地味だけど笑

 

マイク・ペンス氏は地味ですが、州知事としてLGBTを差別する条例を発効しようとした方として、バカ左翼界隈では有名な方らしいです。

www.huffingtonpost.jp

そもそも、ハフィントンポストというのはヒラリー信者のハフィントンさんというオバサンが始めたメディアらしく、このように↓

jp.sputniknews.com

ヒラリー・クリントンの健康問題を記事にしただけで記者をクビにするような極左メディアです。

うちの主人など、

「花璃、ハフ・ポストなんて読んでるの?pgr」

ってな扱いです。取るに足らない。朝日新聞と同じ。ってなことらしい。

 

で、この条例なんですが、

実際には、LGBTを差別する条例ではなく、宗教的信条によって業務を選ぶ権利を与える内容なんですよね。

www.christiantoday.co.jp

その内容というのが、地雷持ち腐女子としてはとてもグッとくるものなので解説したいと思います。

2015年の「宗教自由回復法(Religious Freedom Restoration Act)」への署名と、その後の撤回であろう。この法案は、個人や第三者の団体から自身の心情などに反する行為を強要されたとき、自らの宗教的信条を理由にそれを拒否する権限があることを認めるものである。

例としてよく挙げられるのは、

ゲイ・カップルのウェディングケーキを焼いてくれと言われたパン屋さんが断る権利

とか、

ゲイ・カップルのウェディングブーケを作ってくれと言われた花屋が断る権利

とかですが、実際には

イスラム教徒が豚を屠殺させられそうになったときに断っても解雇されない権利

とかもあるわけですよ。(多分)

実際、熱心な福音主義者は同性愛者の存在を寛容出来はしても、積極的に祝福したくない・出来ない方が大多数だと思うし、信条に逆らってゲイ・カップルの為にウェディングケーキを焼いた為に精神を病んで他に手に職もないのにパン屋を廃業。とかなったらそれこそ悲惨だし、無用な失業者が増えて社会福祉も余計必要になる。

戒律の厳しいムスリムなんて、豚を屠殺させられたら自殺しかねないですよ?(多分)

 

このマイク・ペンスの「宗教自由回復法(Religious Freedom Restoration Act)」って、要するに、

地雷CP好きな人から自分の作品を読まれたくない地雷持ち腐女子(書き手)の救世主みたいなものじゃない?

って思ったわけです。

地雷持ちの腐女子が地雷いっぱいのTwitter・Pixivから逃げて、鍵付きブログやPrivatter、PictBLandに籠るのと同じ

じゃないかなぁと。

 

固定厨の方とか、NL厨の方とか(両方わたしにとってはド地雷)がこのBlogに押しかけてきて文句言ってくるのも大概頭に来ますよ。

リバ逆BLが地雷と言うのは勝手だが、わたしはお前が地雷だ!!!

こっちに来るな!!!

 

↑って書いてみると、冒頭のミュージカルのキャストの反応だってモロに

地雷な読み手が自作を読みに来ていることに対する地雷持ちな書き手の反応

ですよ。その行動を礼賛しておきながら、マイク・ペンス自身のFREEDOM法には『差別法』呼ばわりして平気なんだなぁと思うと、

少数派や多様性を主張する人間の偏狭さ、底の浅さここに極まれり

って思いますよね。

自称リベラルの偽善者が発狂してるのマジでwwwwww

 

自称リベラルが保守を断罪する権利があるのなら、保守にも自分の価値観や尊厳を守る権利が与えられてもいいと思うし、そうすべきでしょ?

わたしは、マイク・ペンス氏の「宗教自由回復法(Religious Freedom Restoration Act)」は保守派とリベラルが折り合って共存していく為には画期的な考え方だと思いますし、人に寛容さを強要するよりもお互い出来る範囲で寛容になっていく方が、少数派にとってもいいと思います。

強要されるとウッと思うものでも、放っておいたら或る日突然、「この辺まで大丈夫♡」ってなるかもしれないし(そしてリバが増える♡)。

 自CPからも逆CPからもぼろ雑巾のように叩かれながら、自CPも逆CPもどっちも固定が地雷な腐女子界の少数派リバ厨として生きてきた経験上、そう思います。

わたしは、いち腐女子として、マイク・ペンス氏のFREEDOMに共感しました♡

f:id:fujoshimamacarri:20161121165921j:plain