読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リバ厨腐女子ママの考えたこと。

腐女子、創作、セクシュアリティ。

続・DILF問題:現代思想と実存の壁。

花璃です。

DILF(=Dad I Like to F*ck)について書いたこの記事↓の続きです。

fujoshimama.hateblo.jp

↑このエントリーでご紹介した動画の関連動画でこういう動画↓も見つけて、家事しながら聞いてたんですが、話が噛み合ってなさすぎてながら視聴じゃ全然理解できない。けど、聞き直すほどでもなかったです。

宮台氏のjargonとトートロジーループがやばすぎて、終始

東「俺、宮台さんとは見解が違うんで、ここには線を引かせてください」

宮台「否、そんなことはなくてね」

ってな調子でした。宮台真司さん大丈夫かな?

www.youtube.com

 

 

宮台氏の意味不明ぶりがヤバすぎて、↓この本のプロモーションらしいんですけど、この対談見て買う気になる人がいるのかなぁって感じです。

 

逆に、東さんには全体的に好感を持ちました。生活者として正直な感じがして。

前述のエントリーでご紹介した動画でも、

「俺は思想とか言論とかやってなかったら一番トランプに入れそうな人間だなって思うんですよ。その自覚があるんです」

とかもおっしゃっているのも好感持ちました。

今回も、大先輩の宮台真司相手に言いたいこと言ってるし、ニコニコユーザーに特に同情するわけでもなく、宮台の言ってることの意味の分からなさを淡々と指摘する係みたいになってました。

東氏の発言は少なかったですが、彼の言いたいことはこれに尽きると思う↓

東「子ども作る人のことを『うんこ食いたい奴はうんこ食ってろ』って言う人、『子ども作ることのメリット・デメリット、コスト・コスパが悪い』なんてこと言う人は勝手にそういうこと言ってればいいし、家族形成は義務じゃないからしなくて全然いいと思うけど、人生は一回しかないし何が起こるかわからないものなのに、勝手に自分の人生を最適化して勝った気になってるのがアホかと思いますね」

www.youtube.com

本当は、

東「宮台さんがセックスしたいならどんどんすればいいと思うけど、『俺はセックスしなくていい』って言ってる奴にまで『お前らセックスしないから駄目なんだ。もっとセックスしろ』って言って回ってるの、アホじゃないかと思いますね」

とかも思ってるんじゃない?と邪推します。

だって結局宮台先生は

「性的なパートナーが作れないコミュニケーション能力が足りない奴はどんな優れた能力があっても人として人前にお出し出来ない」

「コミュニケーション能力を鍛えるためにはまず性的パートナーを作ろうと思うこと。だけど、最近の若い奴は性的パートナーなんていらない、面倒臭いとか言いやがる」

「友達とか先輩後輩の関係がない人は性的なパートナーとの交際が長く続かない」

「まずはナンパのハウツー本を読んでナンパして、彼女ができたらそこからは自分でなんとかしていくこと」

みたいなことが言いたいだけみたいでしたしね。

わたしがスーパーリテラシーを発揮してまとめると、

「家庭教育において、性的関係を抑圧し過ぎているから性的関係を構築できない若者が増えている。だから、日本は駄目になった」

というのが宮台理論らしい。

意味がわからない上に、十年以上五股関係を続けたけど、1996年くらいから女の子がメンヘラになったり、ストーカーになり出したとか、90年代後半まではコンパの後教授が女の子を持ち帰るのは当たり前だったのにセクハラ・アカハラとして懲戒免職が行われるようになった。とか、若者のコミュニケーションの変容が宮台史ベースで語られてすごい気持ち悪くなりました。

東氏は、

東「宮台さんが35歳になったら二十代の女の子との関係性が変わってくるから、五股かけて非難されるようになったのってそういうのも関係があるんじゃないですか?」

って言ってましたね。

宮台「『俺はセックスしたくないししなくていいから宮台のセックス自慢なんか聞きたくない』なんてことを言う奴は馬鹿だしうちの子どもにはそういう人間にはなって欲しくない」

宮台先生、かまってちゃんかよ;;

わたしが感じたのと同じような感想が、書籍のAmazonレビューの

結局、その辺の居酒屋で30代くらいのリーマンが語ってる話と変わらん。
「若い頃は色々ヤンチャしたけど、俺達オトナになって丸くなったよな」
ぐらいのあのゆるーい感じ。
内容も、NHK9時のニュースに出てきそうな凡庸なものばかりだし、それについての、手立てもごくごく普通の父親が言い出しそうなこと。

僕はそうじゃないが、10代20代のイケイケの、名を成したい、何かを知りたいと思ってる若い奴からすれば「はあ?何言ってるのおっさん?」と言う感じの
だらだら感。
とりあえず1990年代に援助交際女子高生を絶賛してた宮台が、自分の娘だけには、援助交際を容認させないことは分かった。

↑この方がすごいわかりやすくまとめてらっしゃると思います。

なんと言うか、宮台真司は言論から溢れ出る性欲が気持ち悪いと思っていましたが、久し振りに話を聞くと、性欲が現在進行形から過去形になった感じがしました。

思想家()のお二人が何を語っても全然頭に入ってこないし、馬耳東風すぎたんですが、わたしが頭が悪いことの他に、やっぱり圧倒的に

語り手のDILF力=男性としての実存の力

が足りないんじゃないかなぁと思いました。

ニコニコ民にセックスさせよう、コミュニケーション能力をつけさせようと思ってらっしゃったみたいだけど、多分この放送視聴してそういう気分になった方ってほぼいなくて、

「何言ってんだこの人たち?」

って思った方が大多数じゃないかな?

正直、この本買うくらいなら、北方健三御大の『ソープへ行け!』を読んだ方が100倍いい気がする。

「ソープへ行け!」

の一言で住むことを『性的関係』だの『コミュニケーションの変容』だの小難しげな言葉で語って、アホかと思いますね。

って、全部聞いた(ほぼ、家事しながらの聞き流しだけど)わたしもアホだわ。

 

 花璃。