リバ厨腐女子ママの考えたこと。

腐女子、創作、セクシュアリティ。

お墨付き頂きました♡ハンサム・ボーイ

花璃です。

今日の話題はミリオタネタです。

このエントリー↓を参照してください。

fujoshimama.hateblo.jp 

 

保守派の御用達雑誌(?←読んだことないんだけども)『月刊Hanada』の花田編集長の会員制配信動画『右向け右』(右ww)にわたしの大好き♡な黒井文太郎さんが出演されていたので拝見しました。

www.youtube.com

冒頭の会話でギャーーーってなって、思わず入会してしまいました。

 

 

Youtube予告編にもあるんですが、

 

花田編集長「最近よく、テレビにも出ていらっしゃって。時々見るんですけど、

ハンサム・ボーイだなぁと思って

黒井さん「いや、そんなことないっす」

花田編集長「体も大きいし、役者さんでも行けそうだねぇ」(惚れ惚れ)

黒井さん「いやいや……」(困り顔)

 

さっすが花田編集長、お目が高い〜〜♡

黒井さんかっこいいと思ってるのわたしだけかと思ったけど、花田編集長も認める格好良さなんや〜〜と思ったら自分の審美眼(しんびが〜〜ん)に自信が持てました♡

 

黒井文太郎さんは5月には2回もBSフジのプライムニュースにお出になっていて、両方とっても面白かったです。

2017/5/23 『世界同時サイバー攻撃 北朝鮮部隊の関与は?』

黒井さん「サイバー攻撃北朝鮮もロシアも中国もアメリカもどんどんやってますよ。サイバーは一応武力じゃないんだから、日本もやったらいいと思うんですけどね、そうはならないですね」

2017/5/30 『急展開「ロシア疑惑」 情報戦と米政権の命運』

黒井さん「トランプ政権がまるっとロシアの工作に引っかかっちゃったってことですね。問題の本質はそこのはずなのに、何故か司法妨害でトランプ弾劾という方向にメディアが突っ走っちゃってる」

というのがわたしの心に残ったフレーズです。

動画で上がってるのを見かけたらぜひどうぞ!

ミリにはまってから、ジャニオタ時代並みに自担の露出が多くて楽しいです。勉強にもなるし、一石二鳥♡

 

花田編集長の『右向け右』は、論客編でわたしもご紹介した、小川和久さんや奥山真司さんも出演されていました。

www.youtube.com

小川さんの日米安保論は本当に聞き応えがありました。

日米安保を破棄してアメリカを追い出したら、その瞬間にアメリカが攻めてくる」

背筋が寒くなるシナリオですが、アメリカが世界の傀儡政権が倒れた後、何をしてきたかを見ると、そうなることは確かに大いにあり得るなと思いました。

「日本のウルトラナショナリスト政権を民主化する」

とか言ってくるんだろうなと。

小川さん「日本は部品に当たる技術は優れているが、戦略がないのでロクな兵器が作れない」

っていうのもなるほどって思いました。戦略がないと武器計画も出来ない、と。

 

腐女子的には

小川さん「某氏には、ケツ舐め従米アナリストと呼ばれております」

というのがツボ(ケツ舐め穴リストwww)でした。

 

 

On the Board繋がり『アメリカ通信』の奥山真司さんもちら見。

 

www.youtube.com

この方の話は残念ながら、いつも頭に残りません--;

「DVしちゃうのは元気な証拠、マッチョな男性は力強くてかっこいい」

というDQN思想(『戦士の文化』というらしい)を礼賛はしないまでも見直した方がいいのでは?というソフトな主張以外は、出来るだけ思想を排除した形での翻訳・紹介に止めておられる印象です。

和田賢治さんとの絡み方からすると、掘って(掘って?)いくと結構ガチガチの保守オヤジな可能性もあるかなと推察致します。

↑このルトワックの翻訳の後書きもレジュメみたいでした(レジュメとしてはよく出来てるんですが)。

もっと思想出していこう!

 

後、奥山訳ルトワック読んだ(読んでない?)ネトウヨがやたら威勢良く

「戦争にチャンスを与えよ!」

とか言ってるのが危ういなぁと思いますね。

「(中国も北朝鮮も)やっちまえ〜〜〜!!!!!

っていうネットのイケイケ言論を見ると、奥山さん罪作りだなぁって思います。

禁書にしたり言論封殺したりすることには大反対ですが、戦争するには兵器だとか兵員だとか物質面での準備が必要(実際の日本の現状では、武装中立するにも軍備が足らない状態)なのに、ルトワック本の日本の戦略的な現状が解説不足なために、今すぐ戦争できるみたいな幻想を読者に持たせてしまっている気がします。

後書きで、もっと日本の状況に即した試論を展開されても良かったのでは?

奥山さんは戦略家としては、ちょっとお行儀が良すぎかな〜〜

戦略『学者』って感じ。

ルトワックの新書は面白かったですけど突っ込みどころ満載だと思うし、日本の軍事分析に関してはやっぱり日本人の軍事専門家の方が的を得ていると思うことが多数あります。

ネット世論を見ても、ネトウヨと比較して、日本のミリオタは冷静なのでその点は安心していますが。

 

花璃。